トップページ弁理士 > 知財ブログ

知財ブログ

知財ブログ

価値情報(広義の知財)をどのように見出し、経営に反映すべきか、尊き賢人の著作から学びましょう。
知財は情報の塊。情報は地理的に、経時的に人から人へと伝搬していく。
伝搬に従って様々な知識・知恵が創出される。
そこに敬意に値する知財が見出される。
知財ブログはそのような観点からの考察を中心としたブログです。
(そのコンセプト「知財発想的経営戦略のススメ」はココ

弁理士キャリア20年以上の遠山さんのブログです。


■ 弁理士

産業財産権(特許権、実用新案権、商標権etc・・・)を特許庁に出願代行するのが仕事です。

働きながら取得する方が多い傾向にあります。

また、価値あるアイディアの権利の確保を通じて企業の競争力を守るという業務の重要性の割に弁理士の数が不足している為、弁理士資格試験受験者の負担を軽減しようと制度が変更された経緯があります。

また、従来は海外に住む弁理士は日本において弁理士として登録出来ませんでしたが、弁理士法改正に伴い可能になりました。


« 知的財産ライセンス収入への道 | メイン | 中小企業診断士独立開業記 »

投稿者 sikaku : 2005年06月02日 09:01