トップページ簿記検定 > 簿記講師の業務日記

簿記講師の業務日記

簿記講師の業務日記

某大手会計予備校の現役講師をしています。宜しければ覘いてみて下さい
m(_ _)m

「門外不出のテクニック」の紹介、気になりますね!


簿記検定

簿記検定試験は簿記に関する知識・技能を測定します。

財務諸表のベースとなる簿記は、ありとあらゆる企業で必要です。
その為、簿記の知識・スキルのある人材の需要は安定しています。景気の影響を受けにくく、安定した人気を誇ります。

簿記検定には以下の4つのレベルが設定されています。

簿記4級:簿記検定の入門と言えます。

簿記3級:財務担当者にとって最低限必要な知識を要求されます。企業の経営内容を数字から理解可能なレベルです。

簿記2級:企業の経営状態の把握が可能なレベルです。

簿記1級:大学レベルの会計学、原価計算、工業簿記、商業簿記の知識を持ち、経営に関する分析・管理が可能なレベルです。


« 2年後社長「簿記検定日記」 | メイン | 簿記侍の日記 »

投稿者 sikaku : 2005年07月09日 03:48